更年期障害って何?更年期症状を悪化させる冷えとその対策

更年期障害ってなに?

更年期とは、閉経前後の約10年間を指します。
閉経時期には個人差がありますが、一般的には45~55歳が更年期だと言われています。

余談ですが最近では若年性更年期障害といって、20代や30代でも更年期障害のような症状が出ることがあると言われます。



更年期障害とは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌が急激に減少することに伴って体に不調が現れることを指します。
その症状は様々ですが、顔がほてったり、疲れやすくなったり、冷えがひどくなったり、やる気が出ないといった症状が起こります。
ホットフラッシュの症状

人によって症状は多岐にわたるため、最初のうちは更年期障害だと気付かずに我慢してしまう方も多い様です。

冷え性が更年期障害を悪化させる?

更年期障害は女性ホルモンの分泌を司る卵巣の老化が主な原因なのですが、卵巣の老化に大きく影響しているのが血液の循環が悪いことです。

血行が悪いと、卵巣へ十分な栄養と酸素・栄養が供給できず、女性ホルモンを十分に作ることができません。
体の冷えも実は血流の悪さが主な原因なのですが、この血流の悪さが更年期障害を悪化させている場合があります。

案外と軽視されがちですが、更年期障害と冷えは表裏一体。
冷え対策をしていたら更年期障害も改善下、というケースは珍しくありません。

更年期になったら試したい冷え対策とは

更年期障害は女性なら誰もが通る道ですが、冷え対策を行うことが更年期障害を改善することにもなります。

シルク腹巻

シルク腹巻のまとめ

簡単にできる冷え対策としておすすめなのがシルク腹巻です。
腹巻はどんな素材でもある程度の効果はありますが、シルク腹巻は天然素材なのでより保温性に優れ、水分を吸収するので夏でも快適に身につけることができます。

オーガニックコットンのような手触りで、つけ心地がいいことから一度験したらやめられない、という方も多いです。
最近では女性芸能人やモデルも愛用者として知られていて、女性も腹巻をする人が増えているようです。

シルク靴下

冷えとり靴下として知られているシルクの靴下もおすすめです。
単にシルクの靴下を履くだけでも保温効果はありますが、半身浴をした後にシルクの靴下と綿の靴下を重ねて履くことでより高い保温効果が実感できます。
靴下を何枚も履くことができない時は、普通の靴下の下に薄手のシルク靴下を履くだけでも保温性がぐっと高まります。
おまけに汗も吸収してくれるので快適です。

サプリメント

更年期障害による冷え対策として一番簡単なのが、サプリメントを服用することです。
更年期障害の対策:サプリの使用

冷えの根本を改善するには時間がかかるのですが、サプリメントなら手軽に症状に働きかけることができます。

冷えだけではなく、更年期特有のイライラやのぼせ・だるさ・肩こり・腰痛なども緩和する効果が期待できます。


更年期障害は付き合い方次第でぐっと軽くなる

多くの女性が経験することになる更年期
そんな更年期も過ごし方によっては症状を軽く済ませることもできるんです。

「病気じゃないし・・・」「いつか過ぎ去る」と我慢ばかりせずに、対策を打ってみませんか?

体を冷やさないよう、血行を滞らせないように意識して過ごしましょう。
時間がなかったりめんどくさいと感じる方は、手軽なサプリメントだけでも構いません。

何か一つ、不快な症状改善のために対策をしてみましょう。
自分の体への意識を変えることが、更年期障害改善への一歩だと思います。

SNSでもご購読できます。